安全性を重視した選び方とおすすめドックフードを徹底解析

ドックフードの選び方は簡単だった!

 

「ドックフードって結局何を選んであげたらいいか、難しい・・・」
「獣医さんやペットショップに、おすすめを聞いても、穀物が主原料の物も多いし・・・」
「ネットで、良さそうな無添加ドックフードがあるけど、実際のところ安全なの?」

 

ドックフードについてたくさんの疑問がありますよね・・・。

 

当サイト「ドッグフードいろは」では、

 

  • 愛犬の健康維持におすすめのドックフードはどれ?
  • 安価なドックフードって本当に安全なの?
  • 愛犬が毎日が喜ぶ、家計にも優しいドックフードってあるの?

 

という、愛犬に長生きしてほしい方へ向けて、ドックフードの正しい選び方からおすすめまで、どこよりもわかりやすく紹介していますので、参考になれば幸いです!

 

ドックフードを紹介する前に安全性を重視した選び方とは?

安全を重視したドックフードとは?

 

いきなりですが!ドックフードを選ぶときに重要視している事ってありますか・・・?知名度の高いフードや、お友達が使っているからという理由で、ドックフードを選んでいたら、原材料に不安な食材が使われているかもしれません・・・。

 

では、不安な食材をカンタンに見分ける方法とは・・・粗悪な原材料を確認して、消去法で安全なドックフードを選んであげると超カンタンですね^^

 

そこで、不安な食材をまとめてみましたので、今与えているフードや、これから与えようと思っているドックフードの原材料を徹底的にチェックしてみましょう!

 

4Dの可能性がある危険な肉原材料

○○ミール、○○エキス、○○パウダー、○○ミート、○○副産物(肉副産物、鶏副産物、魚副産物など)、肝臓腺粉、○○消化物、家禽副産物粉、魚粉、あらびき粉、骨粉(ボーンミール)、動物性油脂、獣脂、家畜油脂、家畜類など

 

肉以外の粗悪な食材や穀物

小麦、とうもろこし、コーングルテン、トウモロコシ粉、大豆、大豆ミール(大豆油カス)、白米、塩、砂糖、ビートパルプ、セルロースなど

 

入っていない方が絶対良い人口添加物

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ブチルヒドロキシトルエン)、没食酸プロピル、エトキシン、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウム、セレン化合物、安息香酸類、ソルビン酸カリウム、ポリリジン、プロタミン、グリシリジンアンモニエート、ソルビトール、二酸化チタン、赤色2号、赤色40号、黄色4号、青色2号、赤色3号、赤色105号、青色1号、青色102号、黄色5号、黄色6号など

 

ここまで、粗悪な食材や危険な成分を紹介しましたが、必ずしも上記の食材が危険という事ではありません。メーカーが提示している情報の中には、4Dの疑いがある原材料を使用していても、人間が食べれるヒューマングレードのものもありますので、公式サイトなどで情報を確認してから判断しましょう!

 

愛犬が喜ぶ、5つの正しいドックフードの選び方って?

それでは、粗悪な原材料も理解して頂けたと思うので、安全性を重視した、愛犬の長生き健康維持におすすめする、正しいドックフードの選び方を5つ紹介しますね!

 

1、犬に必要な肉を豊富に使用したドックフードを選ぶ!

動物性タンパク質が豊富なドックフードを選ぶ

 

犬に必要な栄養素は良質な肉類を使用した動物性タンパク質が豊富なドックフードです。子犬用〜高齢犬(老犬)用にも絶対に必要で高タンパクが悪いということはありません。植物性タンパク質が多いドックフードでは意味がありませんので、新鮮な肉類を豊富に使用しているドックフードを選びましょう。

 

2、犬の体調不良の原因になる為できるだけ無添加の物を選ぶ!

できるだけ無添加ドッグフードを選ぶ

 

犬の体に害があり病気のリスクが高くなる危険な添加物が入っていないドックフードを選ぶことが大切です。危険な添加物ではガンなどを引き起こすことが実際にわかっています。AAFCO基準値内で使用していても危険と判断できる添加物を使用していないドックフードの方が安全性が高くおすすめですね!

 

3、グルテンフリーやグレインフリーのドックフードを選ぶ!

グルテンフリーやグレンインフリーを選ぶ

 

かさ増しの為に使用している穀物が多過ぎると穀物アレルギーを引き起こす原因になります。穀物が絶対にダメという事ではなく、ビタミンやミネラルを補充するために適度な量を使用している場合は、安全だと評価できます。小麦粉やトウモロコシなどの栄養価が低い穀物の場合は、愛犬の消化器官に負担をかける場合もありますので注意しましょう!

 

4、毎日の食事として続けやすい価格のドッグフードを選ぶ!

お財布にやさしい価格のドックフード

 

良質なドックフードを選ぶ時に、価格が高ければ良いということではありませんね!良質な肉原材料やグレインフリー、無添加で安全なドッグフードでも続けやすい価格のドックフードも数多く販売されています。家計が苦しくなるなど無理な購入は控え続けやすい物を選びましょう。

 

目安の価格では2kgで4,000円〜6,000円以内で1日のコスパが200円前後のドックフードがおすすめですね!

 

5、食べない場合もあるのでお試しできるドックフードを選ぶ!

お試しできるドックフードを選ぶ

 

市販で購入できる1kg1,000円以下の安価な物から良質なドックフードに切り替えると、高いと感じますし、「食べない」時もあります。1カ月ぐらいお試しができる1.5kg〜2.0kgほどでお得に購入できるメーカーを探しましょう!

 

有名ドックフード30種類の安全性・価格・お試し有無を比較

原材料(30点)

総合的な栄養バランスと、良質な肉を使用していると、点数が高くなります。4Dの疑いがあればマイナス評価となります。

穀物類(20点)

主原料に穀物を使用しているドックフードはマイナス評価となります。グルテンフリーは粗悪な穀物を使用していないので評価が高くなります。

添加物(20点)

基準値内の使用であっても、使用している事実があるとマイナス評価となります。4Dと疑われる場合は危険な添加物を使用している場合もあるのでマイナスです。

安全性(20点)

原材料・穀物類・添加物の3つの総合的な安全性と、ドックフードに使用している原材料・成分値の評価をしています。

継続性(10点)

ここに限っては、価格が安いドックフードほど評価が高くなります。価格と原材料が見合っているかも評価対象としています。

 

安全性評価

1kgの価格

お試し制度

モグワン

95点

1,980円

カナガン

93点

1,980円

ブッチ

90点

1,755円

ナチュロル

90点

2,930円

ピッコロ

90点

1,980円

アランズナチュラル

90点

1,980円

ファインペッツ極

88点

3,518円

いぬはぐ

88点

1,986円

オリジン

88点

3,000円

犬心

85点

2,600円

ファインペッツ

85点

2,260円

UMAKAうまか

85点

2,656円

アカナ

85点

2,900円

ナウフレッシュ

85点

2,420円

馬肉自然づくり

85点

2,400円

ティンバーウルフ

83点

2,280円

ネルソンズ

83点

1,980円

みらいのドッグフード

83点

3,700円

オソピュア

83点

2,151円

フレッシュミックス

83点

2034円

ヤラー

80点

2,050円

ドッグスタンス

80点

4,000円

わんこのきちんとごはん

80点

3,600円

アガリクスIS

78点

1,900円

ソリッドゴールド

78点

1,525円

ピュリナワン

70点

900円〜

サイエンスダイエット

58点

1,194円〜

ユーカヌバ

48点

949円〜

ロイヤルカナン

48点

900円〜

アイムス

35点

700円〜


※この比較表での安全性評価の点数は、ドックフードに記載している原材料・成分値を参考に評価しました。実際には添加物の種類・原材料の質もメーカーによって様々なので、ドックフードの名称をクリックして、徹底分析したページも参考にしてみてくださいね!

 

 

獣医さんも納得!おすすめ人気ドックフードBEST6

ランキング比較基準について
当サイトはドックフードの各公式サイトからの正確なデータを元にかつ第三者視点で比較しランキング化しています。

 

当サイトのランキング順位は、申込数が多いのも比較基準にしていますが、さらに安全なドックフードを選ぶ上で重要視している5つの項目も評価基準としています。

  • ドックフードの安全性は確かか?
  • 健康維持を考えて製造しているか?
  • 粗悪な添加物は不使用か?
  • かさ増しの為に穀物を使用していないか?
  • 食いつきをお試しすることができるか?

 

 

モグワンドックフード

モグワンドックフードの特徴

手作りレシピをもとに生まれた愛情たっぷりのスペシャルドックフードで人気急上昇中のモグワン。愛犬の健康維持、免疫力維持のサポートにも期待できるトップクラスのドックフード。高たんぱく質の低炭水化物で犬の身体には非常に理想的なドックフードだと言うことは間違いなさそうですね!今話題で体に良いオメガ3やココナッツオイルを配合、グルコサミンやコンドロイチンも配合しているので犬の関節もサポートしてくれそうですね。また、子犬からシニア犬まで安心で安全に与えることができる栄養バランスの優れたドックフードなのが人気の理由だと思います。
当サイト限定モグワンが初回半額で購入できるようになりました!

価格 初回お試し(1.8kg) 1,980円
評価 評価5
備考 4か月〜シニアまで/全犬種対応/グレインフリー/低アレルギー
モグワンドックフードの総評

モグワンドックフードは手作り食をベースに考えられた高たんぱく質の低炭水化物で犬の身体には非常に理想的なドックフードということでかなり人気が出ています。 おすすめポイント
・手作りレシピのドックフードで栄養満点
・グルコサミンやMSM&コンドロイチン配合で骨や関節をサポート
・グレインフリーで穀物アレルギー対策もばっちり
・チキンとサーモンの動物性タンパク質が豊富

 
 

カナガンドックフード

カナガンドックフードの特徴

犬の体に安心・安全で健康的な体を維持してくれるベストなバランスのカナガンですが、全てにおいてトップクラスなのにコスパが優れているところが最大のメリットですね。また、カナガンで使用している原材料は、すべて人間が食べられる高品質で新鮮な食材を厳選しているので安心して与えることができます。せっかく良いドックフードを見つけても、続けにくいコスパのドックフードだともったいないので、カナガンは続けやすさでもオススメできます^^

価格 2kg 3960円
評価 評価4.5
備考 子犬〜シニアまで対応/低アレルギー/人工添加物不使用/グレインフリー
カナガンドックフードの総評

カナガンはグレインフリーの動物性タンパク質が豊富なドックフードで、しっかりと犬の健康を考えている栄養価が高いコスパが非常に優れているフードで人気です。 カナガンおすすめポイント
・良質なチキンを使った動物性タンパク質が豊富
・グレインフリーで穀物アレルギー対策もばっちり
・トップクラスのドックフードなのに続けやすいコスパ
・グルコサミンやコンドロイチン配合で骨や関節をサポート

 
 

ブッチのドックフード

ブッチ(butch)の特徴

ブッチのドックフードは、世界一環境整備が厳しい国としても有名なニュージーランドで作られています。無添加でグルテンフリーのドックフードで愛犬の健康維持も考えているドックフードで現在人気急上昇しています。まだまだ日本では馴染みのないミートフードという新しいドックフードの形なのですが、水分補給にも注目した理想的な水分含有量を実現しているので、水分補給が苦手な愛犬にもおすすめです。只今、特別トライアルセット 4374円が3000円(税込・送料無料)で販売されていますので今がチャンスかも!

価格 トライアルセット 3000円
評価 評価4.5
備考 ミートフードという犬の水分補給にも注目した理想的な水分含有量を実現したドックフード
ブッチ(butch)の総評

ブッチドックフードはミートフードという犬の水分補給にも注目した理想的な水分含有量を実現した商品で、ドックフードを食べながら水分をしっかりと摂ることで消化吸収を促し健康維持をサポートしてくれます。人気がグングン上がっています。

 
 

ナチュロルドックフード

ナチュロルドックフードの特徴

ナチュロルは国産ドックフードでは珍しく無添加・グレインフリー全てが揃ったドックフードです。特ににアレルギーの原因となる粗悪な穀物を使用しないグルテンフリー、グレインフリーであるため、アレルギー体質の愛犬でも安心して与えることが可能ですね^^鶏・牛・魚・馬などの違った種類の肉類を使用し良質な動物性タンパク質を豊富に使用しているのでアレルギー対策や健康維持にもおすすめです。安定・持続型ビタミンCを配合しているのは、他のドックフードにはない特徴です。

価格 1.7kg 4980円
評価 評価4
備考 日本製(国産)/無添加・グレインフリー/オールライフステージ
 
 

ファインペッツ極の特徴

ファインペッツから新しい極(KIWAMI)シリーズが登場してまもないですがランキング急上昇中です^^成分原材料もかなりおすすめで、安心できるドックフードに仕上がっています。只今キャンペーン中で初回購入がなんと通常5278円が今だけ1000円ですよ!一度試してみたいあなたにはかなりお得に購入できます^^

価格 1.5kg 5278円
評価 評価4
備考 全犬種全年齢対応/グレイングリー/低アレルギー
ファインペッツ極の総評

ファインペッツ極の人気の理由は、世界的に有名なオリジンのドックフードにも匹敵する成分内容で、初回1000円でお試しが出来るので人気となっているようです^^ おすすめポイント
・良質なアヒル肉とニシンを使った動物性タンパク質が豊富
・グレインフリーで穀物アレルギー対策もばっちり
・消化吸収率は87%と高吸収率を維持
・グルコサミンやコンドロイチン配合で骨や関節をサポート

 
 

アランズ ナチュラルドックフードの特徴

無添加でラム肉を多く使用しているナチュラルドックフードですが、グレインフリーではないのが少しデメリットとなります。グレインフリーではないですが、粗悪な穀物(小麦・大豆・乳製品・トウモロコシ・牛肉・豚肉)は使用していないのでアレルギー対策もバッチリです。自然の原材料だけで犬の健康リスクを減らし、免疫力維持をサポートしてくれるドックフードという事もあって人気です。

価格 2kg 3960円
評価 評価4
備考 7カ月〜・全犬種対応/ラム肉/低アレルギー
アランズ ナチュラルドックフードの総評

アランズナチュラルドックフードはグレインフリーではありませんが、犬の害になるような穀物は一切使用せず無添加にこだわりを持ったメーカーで人気です。新鮮なラム肉メインのドックフードとして人気がありアレルギー対策や高齢犬(老犬シニア)用としても人気があります。

 

 

モグワンのドッグフードが何故1位でおすすめなの?

モグワンをおすすめする理由って?

 

モグワンが1位の理由には、「ヒューマングレード(人間が食べれる食材を使用)」「グレインフリー」「粗悪な人口添加物を使用していない無添加」という、ドックフードを正しく選ぶ時に調べる要素が適正だからです!

 

さらに、手作り食をコンセプトに製造されているので、野菜やフルーツなどの酵素を、毎日の食事から自然に取り入れることができるので人気のようですね^^

 

また、外国産特有の高タンパク質過ぎないところが、日本で生活している室内犬に、もっともおすすめできるドックフードとなっています。

 

TVのCMでも放送(現在は関東地方のみ)するようになって、さらに人気が高まってきています。こんなモグワンのドックフードなのですが、当サイト限定で半額キャンペーンを実施中です♪是非「食いつき」「安全性」「ドックフードの質」を手に取って確認してみてはいかがでしょうか!!

 

>>モグワンを詳しく調べた記事はこちら

 

モグワンのお試し半額キャンペーンはこちら

 

人気ドックフードを比較しておすすめを分析してみました!

ドックフードを比較

 

ドックフードを比較することで、愛犬におすすめはどちらかを詳しくご紹介しています。

 

ドックフードは、使用している食材や、成分値の違いなど、様々な商品が販売されています。なので、愛犬が好きなチキンであったり、魚系であったりと、好みも変わってきますよね。人気ドックフードだからといって、愛犬の苦手な肉類を無理やり与えても、「食べない」という結果になってしまうこともあります。

 

さらに、「カナガンとモグワンのドックフードで迷っているけど・・・」という方にも、どちらが愛犬にベストな食事なのかも詳しく分析していますので、参考にしてみてくださいね!

 

>>モグワンとカナガンのドックフードはどちらが愛犬におすすめか?
>>ファインペッツとファインペッツ極みの違いを比較してみました!
>>モグワンとアランズナチュラルドックフードでアレルギー対策におすすめは?

 

ドックフード比較

 

ドライ・ウェット・半生ドックフード、どれがおすすめ?

3種類のドックフードがありますが、いちばんの違いは使用している水分量が違います。なのでウェットタイプはドライフードに比べると水分量が多いので腐りやすいというデメリットがあります。この腐りやすいデメリットを改善するために酸化防止剤・防腐剤などの粗悪な添加物を使用して長期保存できるようにしています。

 

続けやすく腐りにくいドライドックフードがおすすめ

種類(タイプ) メリット デメリット
ドライ

歯にも良い。
保存方法が簡単。
価格が安い。

安価なドックフードには犬の主食ではない「穀物」を含んでいることが多いが原材料をしっかりとチェックすることで回避できる。


必要な成分や原材料を固形状に加工したドックフード。飼い主さんには、カリカリのドックフードなどで呼ばれています。重量あたりの栄養価が高いこと、長期保存に適しています。水分が少ないので開封後の常温保存にある程度耐えられます。カビの発生や腐敗を防ぐには水分を12%以下に保つ必要があり、安全性に配慮して、多くのドライフードは水分が10%以下になっています。歯垢がつきにくくなったり、口臭を抑えることが期待できます。

 

愛犬にドライドックフードを与えている5つの理由とは?
  • 粗悪な添加物を使用していないドックフードだから!
  • 犬の消化を妨げるグレインフリードックフードが多いから!
  • 栄養バランスが良いのにコスパも素晴らしいから!
  • ドライドックフードは水分量が少ないので長期保存できるから!
  • ウェットや半生タイプより安価で続けやすいから!

など、健康をサポートしてくれる安全なドックフードがたくさんあるからです。さらにドライドックフードを与えている理由はもう一つあって、ドックフードのローテーションのしやすさです。メインとなる新鮮な肉類を変えてあげることでアレルギー対策や免疫力維持というメリットがあるので複数のドックフードをローテーションしても良いと思いますよ!

 

食いつきが悪い子や水を飲まない犬には半生ドックフード!

種類(タイプ) メリット デメリット
セミウェット

犬が好むことが多い。
歯の弱い犬には良い。
保存期間が短い。

合成保存料が含まれているものもあるが原材料をしっかりとチェックすることで回避できる。

 

ドライタイプとウェットタイプの中間、いわゆる半生タイプのフードです。 ソフトドライフード、セミモイストフードと呼ばれることもあり、水分は25〜35%です。半生タイプのフードは、常温でも長期保存が出来ますが、ある程度水分を含んでいるので腐敗しやすくカビが生えることもありますので注意しましょう。

 

ドライタイプをいつも与えている私の場合は、ご褒美として、ドライと半生タイプのものを混ぜて与えてあげたりもします。やはり喜んで食べてくれる姿ってうれしいですからね^^

 

ご褒美などで使用するのが無難なウェットフード!

種類(タイプ) メリット デメリット
ウェット

犬の食いつきはかなり良い。
水分補給としてもおすすめ。

開封後の酸化が非常に速い。保存の為の粗悪な添加物を使用していることが多い。

 

水分含量が75%程度のドッグフードで、缶詰、アルミトレイ、レトルトパウチ等の加熱殺菌用の容器に詰められています。風味が良く、食べやすいことから、犬や猫が好む傾向があります。しかし何年も保管ができるので酸化防止剤や保存料に使用している添加物が危険だと思いました。開封しなければ長期間保存というメリットがありますが、開封後は品質劣化が早いので、注意が必要です。

 

良質なドックフードを与えているけどサプリは必要?

ドックフード以外にサプリは必要なの?

 

ドックフードは良質な物を選んでいるから大丈夫!って思いますよね。

 

良質なドックフードを与えていても愛犬の調子が悪くなることもあります。それは年齢による免疫力低下や運動不足、そしてストレスから体調を崩す場合もありますが、体調が悪い時や普段から犬用サプリを与えている飼い主さんも増えてきました。

 

当サイトでも「○○のサプリメントはどうですか?」などのお問い合わせを頂くこともありますので、しっかりと分析したおすすめの犬用サプリの選び方をご紹介しています。

 

おすすめの犬用サプリの選び方を徹底的に分析したページはこちら

 

 

子犬・成犬・老犬など目的別のおすすめドックフードとは?

ドックフードには子犬用から高齢犬(老犬)用などライフステージ別から選べるものや、アレルギー対策にもおすすめのグレインフリーや無添加ドックフードなど、様々な種類があります。そこで、目的別に選ぶ方法やおすすめドックフードの記事一覧を紹介していますので、クリックして詳しい内容を参考にしてみてくださいね!

 

子犬用ドックフードの選び方とおすすめランキング

子犬用ドックフードとは?

 

子犬用ドックフードの選び方からおすすめまで、徹底的に分析しました。ドライドックフードを与えるのはいつからが良いのか?回数はどれくらい?適正な量が知りたい!など、子犬に与えるドックフードについて詳しく紹介しています。

 

>>子犬(幼犬・パピー)用おすすめドックフードの選び方

 

成犬用ドックフードの選び方とおすすめランキング

成犬用ドックフードとは?

 

育ち盛りの子犬から大人に成長していくと、成犬用ドックフードに切り替えをしないと栄養過多で肥満体質になってしまうことも・・・。全年齢対応のドックフードだと、与えすぎでブクブク太ってしまうこともあります。成犬になった時の与える量やおすすめのドックフードを紹介しています。

 

>>成犬アダルト用おすすめドックフード

 

高齢犬(老犬)用ドックフードの選び方とおすすめランキング

高齢犬(老犬)用ドックフードとは?

 

6歳〜7歳ぐらいになると、運動量も減ってきて、老犬(高齢犬)になってきます。関節が弱ってきたり、寝ている時間が多かったり、心配事も増える時期でもあります。食べる量が減ってきた老犬におすすめするドックフードや選び方を紹介しています。

 

>>高齢犬(老犬シニア)用おすすめドックフード

 

グレインフリーのおすすめドックフードランキング

グレインフリードックフードとは?

 

粗悪な穀物は、犬の消化を妨げ、アレルギーになりやすいことから、グレインフリーのドックフードを探している人が多いですよね!そこで、原材料や成分もおすすめできるグレインフリードックフードをランキング形式で紹介していますので参考にしてみてくださいね。

 

>>穀物不使用おすすめドックフード

 

無添加ドックフードの選び方とおすすめランキング

無添加ドックフードとは?

 

無添加ドックフードにするメリットや、危険な人口添加物について、詳しくしらべてみました。無添加ドックフードの選び方やおすすめドックフードも紹介していますので参考にしてみてください。

 

>>粗悪な添加物が不使用のおすすめドックフード

 

アレルギー対策ドックフードの選び方とおすすめランキング

アレルギー対策ドックフードとは?

 

犬がアレルギーになりやすい食材から、アレルギー対策におすすめできるドックフードの選び方を紹介しています。

 

>>アレルギー対策用おすすめドックフード

 

国産ドックフードの選び方とおすすめランキング

国産ドックフードの選び方

 

国産ドックフードは、粗悪な穀物や人口添加物が多いと思われている方も多いと思います。しかし、近年のプレミアムドックフード人気の影響もあり、穀物や人口添加物など良質な原材料を使用したドックフードが増えてきました。そこで、国産ドックフードのおすすめドックフードをランキング形式で紹介しています。

 

>>国産ドックフードをランキング形式で解析!口コミや原材料は安全?

 

>>悩みや症状別のドックフードの選び方はこちら

 

口コミや問い合わせが多いドックフード選びの3つのポイントとは?

ドックフード選びでの「基準は何?」「メーカーはどこが良い?」「何を見る?」この3つのドックフード選びのポイントが分かってくると、意外と簡単に探すことができると思いますよ^^

ドックフードはどの基準で選べばいいの?

高品質で高級なドックフードを定期的に買うのが難しいという人は、なるべく体に悪い成分の含有率が低いものを選びましょう。少しでも身体の負担を減らせるドックフード選びが重要なポイントです。

どこのメーカーのドックフードがいいの?

「有名な企業だから」、「高級なドックフードだから」といった理由では安心できません。ドックフードの原材料を知ることで、ようやく商品の信憑性を見極められるのです。

ドックフードの何を見ればいいの?

愛犬に必要な栄養素は高たんぱく質の低炭水化物なものが犬にとって最適な栄養素となりますのでそちらも選ぶ上で重要になります。逆に穀物メインのドックフードだと、犬は穀物を消化することが苦手なのでそのあたりもチェックポイントになります。

簡単なポイントだけをご紹介しました!
さらに詳しく「ドックフード選びの3つのポイント」を見てみる方はこちら

 

 

【ランク別比較】良い悪いが一目でわかる全ドックフード

ランク

ランク詳細

Sランク

Aランクのトップクラスのドックフードでさらにコスパが優れた続けやすいドックフード

Aランク

原材料や成分値の優れたトップクラスのドックフード

Bランク

優秀なのに高単価であったり、あと一歩足らないドックフード

Cランク

良くもなく悪くもなく一般的なドックフード

Dランク

おすすめできないドックフード(添加物や原材料に不安)

 

 

Sランク 原材料成分が優秀でコスパが良いドックフード

モグワン

カナガン

ファインペッツ極

 

 

 

ピッコロ

ナチュロル

犬心

ピッコロ

 

ナチュロル

 

犬心

 

 

 

Aランク 原材料成分の優れたトップクラスのドックフード

アランズ

ネルソンズ

ファインペッツ

 

 

 

オリジン

アカナ

ティンバーウルフ

 

 

 

オソピュア

ナウフレッシュ

馬肉自然づくり

 

 

 

 

 

Bランク 優秀なのに高単価であったり、あと一歩足らないドックフード

ソリッドゴールド

評 価

穀 物

添加物

ソリッドゴールドドックフード

低アレルギー、穀物使用フリー、WDJ推奨のフードですべてのドライフードにサーモンオイル、トマト、タウリンが配合されているのが特徴です。犬用のほかに猫用も取り扱いしており、缶、おやつ、シードオイルも取り扱いしています。

酸化防止剤

栄養バランス

ドッグスタンス

評 価

穀 物

添加物

高級鹿肉を使用したドックフード。グレインフリーであればさらに高評価ですが高価格なところでBランクになってしまいました。

酸化防止剤

栄養バランス

ネイチャーズバラエティー

評 価

穀 物

添加物

クオリティーも価格も高いドックフード。理想を追求した商品でパッケージに書かれていることが実行されていたらケチのつけられないフードです。

酸化防止剤

栄養バランス

 

 

Cランク 良くもなく悪くもない一般的なドックフード

サイエンスダイエット

評 価

穀 物

添加物

原材料に肉の副産物を使用していないところは評価できますが、主原料に穀物というのが少し気になります。動物栄養学に即した標準的なドックフードだという認識です。

酸化防止剤

栄養バランス

アイムス

評 価

穀 物

添加物

第一原料が家禽類となり次に穀物となっているので、チキンやターキーを多くを使用しているので好感がもてます。ただ肉類の他や穀物の量が多いところはマイナス評価となります。

酸化防止剤

栄養バランス

ユーカヌバ ラムライス

評 価

穀 物

添加物

ラム&ライスと表示のパッケージなのにチキンやターキーが使用されているのでアレルギー対策には向いていないドックフードです。

酸化防止剤

栄養バランス

ドクタープロ

評 価

穀 物

添加物

原材料にラム肉を使用することでアレルギー対策をアピールしていますが、玄米やオートミールの穀物が気になります。アレルギーの起こりにくいラム肉を使っているという認識でいるべきでしょう。

酸化防止剤

栄養バランス

 

 

Dランク おすすめできないドックフード(添加物や原材料に不安)

ペディグリー

評 価

穀 物

添加物

肉そのものを使用せず肉類を使用しているのと、穀物メインで着色料やBHA・BHTも添加されている不安なドックフードでおすすめしません。

酸化防止剤

栄養バランス

ビタワン

評 価

穀 物

添加物

人間用食材の残りかすや、粗悪な副産物が気になるドックフードです。栄養価は基準をクリアしているが、愛犬の体に害のある原材料など不安要素が多いです。

酸化防止剤

栄養バランス

ラン・ミール

評 価

穀 物

添加物

牛肉不使用のビーフ味。ミールやパウダーなどの副産物やビーフ味の香料・着色料の添加物がいっぱいのドックフード。

酸化防止剤

栄養バランス

愛犬元気 ベストライフ

評 価

穀 物

添加物

不安な原材料と添加物が盛りだくさんのドックフード。この価格帯のドックフードは原材料に不安が多く非常に不安です。

酸化防止剤

栄養バランス

銀のさら

評 価

穀 物

添加物

原材料に含まれるビーフ・白身魚・緑黄色野菜は素材そのものではなくミールとパウダーを使用していて不安。着色料も多く使われています。

酸化防止剤

栄養バランス

ケインズパックン

評 価

穀 物

添加物

肉はミール、野菜はパウダー、着色料も多数で、不安な添加物と原材料のオンパレード

酸化防止剤

栄養バランス

スタイルズ

評 価

穀 物

添加物

第二原料が糖類となっているため、表示の原則に従っていない可能性があります。

酸化防止剤

栄養バランス

 

ドックフードランキング