アガリクスI/Sのドックフードの成分や評判を徹底解析

アガリクスアイエスのドックフードはご存知の方も多いと思いますが、世界25カ国以上で販売実績があり人気の高いドックフードです。犬が本来持っている免疫力・自己治癒力を大切に考えたプレミアムドックフードです。アガリクス茸を配合して食生活からも愛犬の健康を考えている方にお薦めで世界最高級のドックフードと称されています。

アメリカで権威ある犬の専門雑誌で評価され続けているアーテミスのドックフードは、実際のところの原材料や成分はどうなのか?そのあたりもしっかりと調べて行きたいと思います。

 

ドックフードおすすめベスト3

 

 

 

アガリクスI/Sのドックフードの原材料や成分をチェック

アガリクスI/Sのドックフードの原材料

フレッシュチキン・ドライチキン・フレッシュターキー・大麦・玄米・オーツ麦・黍・えんどう豆・えんどう豆粉・ドライターキー・鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存処理)・トマト絞り粕(リコピン)・チキンスープ(天然風味料)・フレッシュダック・フレッシュサーモン・卵・フラックスシード・サーモンオイル(DHA 源)・ドライ魚肉・塩化コリン・乾燥チコリ根・ケルプ・人参・リンゴ・トマト・ブルーベリー・ほうれん草・クランベリー・ローズマリーエキス・パセリフレーク・グルコサミン塩酸塩・L カルニチン・ラクトバチルスアシドフィルス菌・ビフィドバクテリウム ラクティス・ラクトバチルスロイテリ・エンテロコッカスフェカリス EF2001・アガリクス・ビタミン E・キレート鉄・キレート亜鉛・キレート銅・硫酸第一鉄・硫酸亜鉛・硫酸銅・コンドロイチン硫酸・ヨウ化カリウム・チアミン硝酸塩・キレートマンガン・酸化マンガン・アスコルビン酸・ビタミンA・ビオチン・パントテン酸カルシウム・硫酸マンガン・亜セレン酸ナトリウム・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ビタミンB12・リボフラビン・ビタミンD・葉酸
※合成着色料・合成香料は使用しておりません。

※良くない原材料や気になる原材料は赤文字で記載しています

アガリクス茸とは

アーテミス「アガリクスI/S」で使用されているアガリクスは、 ブラジル産アガリクスブラゼイムリルを使用しています。人間用のサプリメントでも知られている「アガリクス茸」にはビタミン・ミネラル・酵素など多くの栄養成分が含まれています。また、βグルカンを多く含み免疫力や体内の老廃物の吸着排出などが期待されています。

 

EF-2001乳酸菌とは

日本でも国際的にも高く評価されている最高の乳酸菌がEF-2001乳酸菌です!この乳酸菌は、生菌ではなく死菌にすることで活性率を高めるという画期的な研究で日本はもちろん国際的にも評価され、栄養の吸収効率も良く便の状態も良くなると期待されています。

 

アガリクスI/Sのドックフードの成分

粗タンパク質 24%以上
粗脂肪 14%以上
粗繊維 4%以下
粗灰分 6.0%以下
水分 10%以下
オメガ6脂肪酸 3.05%以上
オメガ3脂肪酸 0.5%以上
グルコサミン 750mg/s
コンドロイチン 250mg/s
代謝エネルギー:約3,589kcal/kg

 

アガリクスI/Sのドックフードの安心度チェック


ここではドックフードに粗悪な添加物が入っていないかをチェックしました。

 

特に危険な原材料で、人間が食べることが不可能な腐った食べ物(肉)の
副産物・4Dミールが入っていないか?

 

発がん性が確認されているBHA・BHTの酸化防止剤がはいっていないか?

 

人間の食用では使用が禁止されているエトキシキン(防腐剤)が入っていないか?

 

また、長期的に摂取するとアレルギーの原因になる穀物や添加物などを
使用しているかもチェックしてみました。

 

ドックフードに入っていたら危険だと思う成分を徹底的にチェックして見ましたので
ご参考にしてくださいね^^

BHA(酸化防止剤) BHT(酸化防止剤) エトキシキン(防腐剤)
なし なし なし
副産物 4Dミール 大豆ミール
なし なし なし
合成香料 合成着色料 ビートパルプ
なし なし なし
不明なエキス・パウダー 気になる動物性脂肪 気になる穀物
なし 鶏脂肪 大麦・玄米・オーツ麦

アガリクスI/Sのドックフードの総合評価

安全度・・・
ランクの付け方・・・上記比較表の原材料・添加物の成分を基にランク付けしています。
星の数を5段階で評価しています。(非常に安心 → 非常に不安

 

 

アガリクスI/Sのドックフードの口コミ評判

 いろいろ調べてコスパはすこし高いですが・・・

ドックフード

総合評価

購入者

アガリクスI/S

50代 男性


ネットでも、いろいろ調べてコスパはすこし高いですが、内容も良しという事で、買いました。
お腹の調子が悪く、いろいろなフードを試して、やっとリピートできるものに出会いました!

 

 便秘解消の兆しが出てきました!

ドックフード

総合評価

購入者

アガリクスI/S

40代 女性


アガリクスを前回購入して1か月で便が少し柔らかくなって
便秘解消の兆しが出てきてほっとしています。このまま続けていきたく思います。

 

 

アガリクスI/Sのドックフードの総合評価

販売会社

株式会社KMT(総輸入代理店)

生産国

アメリカ

製造工場

アメリカの政府認証のペットフード専門工場

種類

全犬種全年齢対応/普通粒、小粒の2種類あり/総合栄養食

販売価格

アガリクスI/S・アガリクスI/S小粒タイプ(計2種類)

1.0kg 参考価格 1,900円
3.0kg 参考価格 3,801円
6.8kg 参考価格 6,680円

コスパ

1日のコスパ 約211円

※規定量:6kgの犬種の場合を 1日120gで換算しています。

返品・交換

可能(お客様の都合では不可)公式サイトにお問い合わせ窓口あり

 

犬が本来持っている免疫力・自己治癒力を大切に考えたプレミアムドックフード

ここまで、アガリクスI/Sのドックフードの原材料・成分や口コミ評判を見てきて、良質なドックフードだと思いました。

 

原材料は全て人間でも食べられるヒューマングレードと公表しているので、愛犬に安心して与えることのできるドックフードだと思います。

 

ただアーテミスの「フレッシュミックス」や「オソピュア」と比べると残念な部分も見えてきました。

 

原材料の4つ目から6つ目の表示が大麦・玄米・オーツ麦が使用されていましたのでこのあたりも気になるところです。また、鶏脂肪は不明な原材料ではありませんが、レンダリング加工時の添加物が気になるところです。安心したドックフードだとおもいますが、少し気になるところもあるので星3.5とさせて頂きました。

 

酷評でも有名なアメリカのドックフード比較サイトで調べていると、アーテミスの「オソピュア」と「フレッシュミックス」は評価されていますが、アガリクスI/Sは評価対象にもなっていないので、日本での特別仕様で製造されているかもしれませんね・・・

 

アーテミスの中でも有名な「フレッシュミックス」はかなり良質な原材料が使用されているので、アーテミスのドックフードで迷われているなら「フレッシュミックス」や「オソピュア」から始めるといいかもしれませんよ!

 

ドックフードおすすめベスト3

 

ドックフード選びで迷ったらおすすめはこの3つ!!!

ドックフードおすすめベスト3

 

ドックフード選びで迷われている方に当サイト管理人が最もおすすめできるドックフードは?って聞かれたら「総合栄養食のカナガンドックフード」「総合栄養食のモグワンドックフード」「療法食の犬心ドックフード」をおすすめします。

 

カナガンモグワンは、犬の健康を第一に考えた数多くあるプレミアムドックフードの中でも原材料や成分値はもちろんのこと、コスパもすばらしく長期的に続けやすく愛犬に長生きしてほしいと思っている飼い主さんにおすすめできるドックフードです。管理人である私も、10歳の男の子には「モグワン」6歳の女の子には「カナガン」を与えていますが健康的で病気をすることはほとんどありませんので本当に助かっています^^

 

また、療法食の犬心(糖&脂コントロール)は犬の7大疾患に対応したヒューマングレードのドックフードです。7大疾患は高血糖・高脂血が原因で引き起こしてしまいますが、犬心(いぬこころ)糖&脂コントロールの低糖&低脂ナチュラル療法食となっているので併発を防ぐことにも効果があり、肥満犬のダイエットドックフードとしてもおすすめできます。

 

気になる方は下記をクリックして頂くと徹底的に分析した詳細ページに移動しますので参考にしてみてくださいね^^

 

ドックフードを目的別で調べてみる

子犬用ドックフード 成犬用ドックフード 高齢犬用ドックフード
子犬用ドックフード 成犬用ドックフード 高齢犬用ドックフード
グレインフリードックフード 無添加ドックフード 低アレルギードックフード
グレインフリードックフード 無添加ドックフード 低アレルギードックフード

 

関連ページ

オソピュア
アーテミス「オソピュア」は、アレルギーの原因となりやすい米や麦などを含まないグレインフリーのフードということが人気の理由です。そんなアーテミスのオソピュアのドックフードの原材料成分や口コミ評判を分析してみました。
フレッシュミックス
アーテミス「フレッシュミックス」は、アメリカの犬の専門誌WDJが独自に検査をして認めたWDJ推奨のフードです。そんなアーテミスのフレッシュミックスのドックフードの原材料成分や口コミ評判を分析してみました。