カナガンの原材料成分、口コミ評判を徹底解剖

   このエントリーをはてなブックマークに追加

 

人気のカナガンを徹底的に分析してみました!

 

カナガンは子犬からシニア犬まで対応しているグレインフリー(穀物不使用)のドックフードでコスパも非常に優れているという事なのですが、カナガンの成分原材料を徹底的に分析して評価してみました。

 

当サイトからのお申込数もダントツのカナガンドックフードですが、「実際のところカナガンって大丈夫?」「良い口コミが多いカナガンが気になる!」「使っている原材料って安心できる?」という方にも原材料や成分、そしてみんなの口コミ評判を第三者的な視点でカナガンを分析したいと思います。

 

 

 

カナガンドックフードの原材料や成分を徹底的にチェック

 

カナガンの粒の大きさは小粒タイプ(8mm〜12mm)の1種類となります。小粒サイズで、口が小さい小型犬や、シニア犬でも食べやすいのも嬉しいポイントですね。

 

原材料

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

良くない原材料は赤文字で記載しています

 

成分分析値

粗たんぱく質 :33.00% 脂質:17.00% 粗繊維:3.50% 粗灰分:9.00% 炭水化物:32.50% 水分:8.50% オメガ6脂肪酸:2.80% オメガ3脂肪酸:0.90% カルシウム:1.86% リン:1.42%
エネルギー(100gあたり)/約361.25kcal

 

 

カナガンが使用している原材料のどこがいいのか?

 

犬が本来必要としている栄養素のこだわり

市販で販売されているドックフードの多くは原材料を安く抑えているため、栄養価が不足しがちでした。
カナガンが一番こだわっているのは、栄養士がタンパク質・脂質・炭水化物の配合を見直し、犬に必要な栄養価である肉類を豊富に使うことで良質な動物性タンパク質を摂取することができることです。動物性タンパク質であるチキンと野菜・ハーブなどヒューマングレードのものばかりを厳選しているため最適な栄養素をしっかりと吸収することができるのでおすすめです。

 

犬の健康を考え抜いたドックフード

カナガンは、犬に不必要な穀物、人口添加物など粗悪な原材料は一切使用しない徹底ぶりです。グレインフリーはもちろんですが、サーモンオイルもしっかりと配合しているのでEPAやオメガ3など健康にいい物が一粒に凝縮されています。また、骨や関節にも良いグルコサミンやコンドロイチンも豊富に入っているので子犬からシニア犬までしっかりとサポートしてくれます。良質な動物性タンパク質が豊富なので消化も良く嗜好性も抜群で、穀物不使用にこだわり、従来の炭水化物過多な食事による負担を軽減します。

 

徹底した品質管理にも安全性がある

カナガンは動物先進国としても有名なイギリスのペットフード専門工場で作られています。国際規格SAI GLOBALのランクAを取得し、州議会と英国小売協会にも認められた安心の施設で厳密な品質テストをクリアしたドックフードのみが商品として出荷されます。なのでドックフードが安心安全だと認められない限り商品化ができないほど厳しい環境で作られています。

 

 

カナガンの原材料・成分のまとめ

カナガンの原材料と成分値を調べてみると遺伝子組み換え原材料や粗悪な物を一切使用していない徹底ぶりに非常に安心安全なドックフードということがわかりました。

 

チキンを原材料全体の50%以上も使っているので、犬に絶対必要な栄養素である動物性たんぱく質が豊富子犬からシニア犬まで与えることができます!

 

また、穀物の代わりにサツマイモを使用しているところも非常におすすめですね。サツマイモは穀物と違い消化吸収にも優れていて腹持ちもいいので、こちらも犬にとって安心で良質な原材料です。

 

サツマイモを原材料に使っているドックフードが少ないのは高価な原材料でコストが掛かってしまうので使用するメーカーが少ないのが現状です。

 

 

カナガンドックフードの安心度チェック


ドックフードに特に危険な原材料や粗悪な添加物が入っていないかチェックしました。

  • 人間が食べない品質が悪い原材料の副産物・4Dミールが入っていないか?
  • 発がん性が確認されているBHA・BHTの酸化防止剤がはいっていないか?
  • 人間の食用では使用が禁止されているエトキシキン(防腐剤)が入っていないか?
  • 長期的に摂取するとアレルギーの原因になる穀物や粗悪な添加物を使用しているか?
BHA(酸化防止剤) BHT(酸化防止剤) エトキシキン(防腐剤)
なし なし なし
副産物 4Dミール 大豆ミール
なし なし なし
合成香料 合成着色料 ビートパルプ
なし なし なし
不明なエキス・パウダー 不明な動物性脂肪 穀物が主原料の物
なし なし なし

カナガンの総合評価

安心安全度チェック・・・
ドックフードの原材料・添加物の成分を基にランク付けして評価しています。

 

ドックフードに入っていたら危険だと思う成分を徹底的にチェックしてみましたが、カナガンは危険な成分は一切使用していませんでした^^

 

原材料数も少なく無駄がないドックフードという印象でした!次はカナガンの口コミや評判はどうなのかをご紹介します♪

 

 

 

カナガンドックフードのネットでの口コミや評判をチェック

 カナガンに変えてから愛犬のお腹の調子がよくなりました!

30代女性 愛犬/柴犬6歳 総合評価
今までよく下痢気味になることが多かったのですが最近では毎日のように下痢になりお腹の調子がよくありませんでした。口コミなどで調べていたらカナガンにたどり着きました。はじめは本当に大丈夫って半信半疑でしたが、愛犬のためにカナガンに変えてみたところすぐに効果が出てきて今では下痢も改善され本当に変えてよかったと思います。これからも継続して利用させていただきます!

 

 カナガンに変えてからアレルギー反応がすこしづつ改善された

30代女性 愛犬/フレンチブルドック8歳 総合評価
愛犬のアレルギーが小麦だと言われました。今までのドックフードだと食べた後にすぐ体をカリカリしたりしてひどい時は出血するぐらいカリカリしていたので、穀物不使用のカナガンチキンに変えてみたところ少しづつですがかゆみが治まって来ました。定期コースは不安だったので単品で購入しましたが、次回からお買得の定期コースで注文しようと思います。

 

 カナガンに変えて愛犬も元気になり以前のようにわんぱく!

50代女性 愛犬/ミニチュアダックス3歳 総合評価
獣医師に勧められたロイヤルカナンに変えてみましたが全く効果がなく、口コミなどいろいろ調べていたらカナガンが良いって多数あったのでカナガンに変えて見ました。
カナガンに切り替えて2〜3日で痒みが治まり、2週間以内で皮フの黒ずみも改善しました。カナガンに変えて愛犬も元気になり以前のようにわんぱくさも出てきたのでほっとしています。
これからもカナガンは手放せなくなりました!

カナガンの口コミ評判は?カナガンの良い悪い口コミを本気で分析!の記事はこちら

 

 

カナガンドックフードの詳細

販売会社

株式会社レティシアン

価格

3960円(税抜)最安値通販を詳しく調べました

容量

1袋2kgの1種類

定期コース

有り(定期コースでさらに価格を抑えることができます)

詳細

総合栄養食/グレインフリー/低アレルギー

対応年齢

全年齢/全犬種対応

生産国

イギリス

製造会社

GAペットフードパートーナーズ社

製造番号有無

品質チェック有無

有 生産ごとに品質検査

製造のこだわり

ドックフードは愛犬が一生食べ続けるものなので品質管理に細心の注意を払い、責任感とこだわりを貫くスタッフたちの手で、カナガンは徹底的に管理され作られています。製造会社のGAペットフードパートーナーズ社は原材料と製品になったフードから2回の品質チェックを行います。なのでもっとも安心・信頼のドックフードでオススメできます!

その他取り扱い

モグワンアランズナチュラルドックフードネルソンズ

 

 

カナガンドックフードの総合評価

 

人気のドックフードというだけあって、良質な原材料・コスパ・品質管理・栄養バランスなどおすすめできるドックフードです。

 

原材料や成分、コスパなどに関しては口コミ評判でも良い口コミが多かったです。カナガンの悪い口コミでは「一切食べない」や「残す」「ニオイ」などありましたが、香料など添加物を使用していないドックフードなので素材そのままなニオイが気になる方がいることもわかりました。どんなドックフードにも言えますが急に切り替えてしまうと嫌がる犬もいますので慌てずじっくりと時間をかけて切り替えてあげる事も大切です。

 

カナガンのおすすめポイントは新鮮で良質な動物性タンパク質が豊富なところと野菜やハーブなどで犬の栄養バランスにも優れています。そして良質な原材料と成分のわりにはコスパが非常に良いので続けやすさでもおすすめのドックフードです。

 

子犬やシニアにも食べやすい小粒で、関節・毛並み・毛艶に良いサーモオイルやグルコサミンとコンドロイチンも豊富に配合されています。足腰が弱い犬種や、子犬の頃からの健康維持や管理にもおすすめのドックフードで試してみる価値は非常に高いと思います。

 

グレインフリーで人口添加物不使用の安心ドックフード

カナガンは添加物(人工添加物・着色料・保存料・香料)を一切使っていない徹底ぶりに良質なドックフードだと安心感を与えてくれました^^粗悪な酸化防止剤や副産物もなく本当におすすめできるドックフードですよ。グレインフリーにもこだわりアレルギー対策にも対応していて、当サイトでも自身をもってオススメできるドックフードです。

 

 

カナガンをおすすめする人しない人

カナガンの原材料や口コミから分かった評判をまとめてみました。

オススメする人・ポイント

 良質な動物性タンパク質が豊富なドックフードをお探しの方
 安心安全でコスパが優れているドックフードをお探しの方
 グルコサミン・コンドロイチンがしっかりと配合している
 グレインフリーなので穀物アレルギーのある愛犬におすすめ
 給与量が少ないので食の細い子にもしっかりと栄養が摂れる

 

オススメしない人

 1日のコスパを100円で抑えたい方
 チキンアレルギーがある愛犬
 糖尿病など脂質を抑えなければいけない愛犬

 

 

カナガンとその他人気ドックフードをコスパ比較しました!

ステージ別/ブランド カナガン ファインペッツ極 アカナ
子犬用 188円 264円 198円
成犬用 149円 176円 165円
老犬用 134円 158円 149円

※子犬は6か月、成犬5kgで1日の給与量を算出しています。

 

ここではカナガン、ファインペッツ極アカナ(ワイルドプレイリー)のグレインフリーのドックフードで人気のある3種類のコスパを比較してみました。

 

グレインフリーで同等製品を比較しています。コスパは公式サイトの販売価格と適正給与量で計算していますので愛犬の活発さによっては多少前後する場合があります。

 

また、定期購入ができるカナガンやファインペッツはさらにコスパを抑えることも可能ですよ^^

 

 

 

カナガンを調べた結果、最終的に安心安全で大丈夫なのか?を調べてみました!

もう少しカナガンの事を知りたいと思われた方にはさらに詳しくご紹介しております。こちらもご参考になれば幸いです。

カナガンを徹底解析
カナガン本当に大丈夫 おすすめする理由 国産ではない、通販だけ?

注意してほしい事 カナガンの口コミ評判? カナガンの最安値は?